箱庭記 2012年03月

箱庭記

PSPソフト「ワールド・ネバーランド ククリア王国物語」のプレイ記録。創作まじりです。ゲーム内容のネタバレあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弟たちの恋、忙殺される毎日

10日、エルムとモリーさんの結婚式がありました。

QUKRIA_SS_0356.jpeg

ウィロゥは、ふと気がつきました。
そういえば、長年農場長だった母親が、今年は選出されなかったのかその制服を脱いでいます。
それはいいのですが、注目されるのは服の色。
ウィロゥが生まれた時、既に母ロータスは農場員でしたが、タンスに仕舞われていた母の平服は確か青く染められていたはず。
今年、農場長の制服を脱ぐに当たって、新しく赤く染めなおしたということなのでしょう。
恐らく、父のダドリーと同じ色にするために。

willow.jpeg ペアルックかあ、二人ともいつまでも仲良いよなあ。……はっ! ねえねえ、ノエルさん、服、緑色に染めない!?

noel2.jpeg いいけど……?

willow.jpeg (よし、今は酒場の店主の服だけど、来年からは緑の魔道師の服を着るからノエルさんとペアルックだ!)

両親の真似をしてみるウィロゥなのでした。
そういえば、エルムと結婚したモリーさんは、当初マルティンさんという違う同級生と付き合っていました。
その彼はどうしたかというと……。

QUKRIA_SS_0369.jpeg

なんとウィロゥの元彼女、アティカさんと恋人になっていました。

QUKRIA_SS_0370.jpeg

アティカさんの恋人欄にいるのは違う人なのですが……。

willow.jpeg アティカさんはいたいけな青年の心を弄び過ぎだよー!!

QUKRIA_SS_0351.jpeg

成人したばかりの弟、リンデンもなんだかすごくモテています。
あくまで本命はミカエラさん(ウィロゥの上司とは同名の別人)で、その年のうちに指輪渡してプロポーズという男前ぶりでした。

QUKRIA_SS_0383.jpeg

恋愛が順調(?)に進む周りをよそに、この年、ウィロゥは連日の魔物との戦闘や訓練で、妻子との時間をゆっくり持つことが出来ませんでした。

QUKRIA_SS_0363.jpeg

デートが真夜中になってしまうこともしばしば。
子育てもほとんどノエルさんに任せっぱなしです。

willow.jpeg ごめんね、ノエルさん。

noel2.jpeg いいのよ。今はお仕事頑張って、新しい女王を支えてあげて。

ノエルさんのお腹の中には、二人目の子どもがいます。

ウィロゥの頑張りもあってか、ゲーナの樹はまだはびこったままですが、地力は回復してきている様子。
152年最後の日、ウィロゥは見たことのない大きな魚を釣り上げました。

QUKRIA_SS_0385.jpeg

willow.jpeg 来年は、もう少し魔物が来ないといいなあ…。

そう願うウィロゥなのでした。

スポンサーサイト

PageTop

長男誕生、そして魔道師就任へ

152年になりました。
今年は、弟のリンデンが成人です。

QUKRIA_SS_0328.jpeg

オールバック……!?
成人と同時に髪型を変えた弟に驚くウィロゥでした。

QUKRIA_SS_0331.jpeg

そのリンデンですが、光の速さで同級生の女の子と付き合っていました。

QUKRIA_SS_0330.jpeg

上の弟のエルムは、モリーさんの方からプロポーズされているし……。
弟たちの恋愛スキルの高さに完敗です。

QUKRIA_SS_0336.jpeg

恒例のように料理大会に優勝。
憧れのアティカさんにまで勝利する始末です。
毎朝ノエルさんに美味しい料理を作ってあげるのが最近のウィロゥの楽しみです。

そして5日、ウィロゥとノエルさんに子どもが生まれました。

QUKRIA_SS_0338.jpeg

QUKRIA_SS_0340.jpeg

男の子です。白い肌の色はノエルさん似。
チェスナットと名付けます。

QUKRIA_SS_0342.jpeg

初孫誕生ということで、お母さんがぬいぐるみを持って駆けつけてくれました。
ノエルさんにも義父のボブさんを初め、お友達がたくさんお祝いに来ていました。

QUKRIA_SS_0343.jpeg

そんな幸せに包まれる二人の間に、突如謎のアナウンスが。
実は今日、長年魔道師長を務めたマンフレッドさんが亡くなったのですが、おととしの魔道師選抜大会で優勝したマリアーノさんは既に他の魔道師の引退を受けて魔道師に就任していたのでした。
そこで、準優勝だったウィロゥが準候補として就任することになったようです。
カルナの塔に引っ越すことになったウィロゥ達。
生まれたばかりのチェスナットがベッドに取り残されるバグが発生してしまったので、公式に修正を頼んだりしました。
それにしても最悪のタイミングでの魔道師就任でした。

QUKRIA_SS_0346.jpeg

willow.jpeg ノエルさん……。出産直後なのに塔まで走らせちゃってごめんね……。

こうして始まった魔道師生活はなかなかハードでした。
ベス女王は即位したばかり。
先代アメジスト女王の時代より、明かに森にゲーナの樹がはびこっています。
毎日のように襲来する魔物。

QUKRIA_SS_0359.jpeg

ウィロゥのステータスは同僚の魔道師たちの中で最弱で、あまり戦力になっていません。
でも先輩魔道師たちは皆良い人ばかりで、戦いに不慣れなウィロゥをフォローしてくれます。

QUKRIA_SS_0347.jpeg

魔道師選抜大会でウィロゥに勝ち、一足先に魔道師になっていたマリアーノさんとは特に仲良くなりました。
彼はなんと亡くなった魔道師長のマンフレッドさんの息子。
父親の魔道の才能をそのまま引き継いだようです。

QUKRIA_SS_0381.jpeg

副魔道師長のミカエラさんはウィロゥにドラゴンファングの技を授けてくれました。

QUKRIA_SS_0080.jpeg

何を隠そうミカエラさんは元カルナの乙女で、ウィロゥを取り上げてくれた人でもあるのです。

mika.jpeg ふふふ、あのオムツしてた男の子が立派になってねえ。

willow.jpeg え、ええっと……。

ちょっとミカエラさんが苦手なウィロゥです。

PageTop

元彼女と弟と究極魔法と未来の女王

ある朝、ウィロゥは市場で偶然元彼女アティカさんに出会いました。
久しぶりに会う彼女は、髪を伸ばしていてどこか雰囲気が違います。
彼女はついにイスカの乙女の職を誰かに引き継いだようです。
ああ、恋人のハミルトンさんと上手く行ったのかな、と思いきや……

QUKRIA_SS_0304.jpeg

アティカさんの恋人欄は空でした。
恐らく、ハミルトンさんのために職を退いたアティカさん。
別れを切り出されたのは、最近のことなのでしょう。
でも、ウィロゥにはもうかつてのようなアティカさんへの心配はありません。
アティカさんは、ウィロゥが思っていたよりもずっと強い女性でした。
役目からも自由になった今、必ず自分の幸せを掴み取ることでしょう。
少なくともウィロゥの同情など余計なお世話のはず。
ウィロゥに会釈したアティカさんの表情は、どこか晴れ晴れとしたものでした。

ウィロゥの弟エルムのデートも目撃。
お相手は同級生モリーさん。

QUKRIA_SS_0314.jpeg

エルムはモリーさんに片思い中……のはずだったのですが、モリーさんの恋人欄を確認すると、エルムの名前に変わっていました。
見事、マルティン君からモリーさんを奪うことに成功したようです。
正直、自分と同じくエルムの初恋は実らないのではと思っていたウィロゥ。

willow.jpeg ……兄さんと一緒にして悪かった。

本命はあくまでモリーさんのようですが、アティカさんから引き継ぎを受けた新イスカの乙女とも上手くやっていて、ますます立つ瀬のない兄ウィロゥなのでした。

QUKRIA_SS_0315.jpeg

最近のウィロゥは訓練に励んでいます。
その甲斐あってか、魔道師のグロリアーナさんがウィロゥに声を掛けてくれました。
直々にドラゴンフォースを教えてくれるようです。

QUKRIA_SS_0321.jpeg

ハヤサ、チカラ、ココロの中では一番ココロの成長が良いウィロゥ。
魔道師を目指してみようかな、と考えるのでした。

そして、151年最後の日。

QUKRIA_SS_0324.jpeg

ベス女王とアントニオ君の間に女の子が生まれました。

QUKRIA_SS_0325.jpeg

さすがお姫様、性格は「わがまま」。アントニオ君ゆずりの黒髪です。
未来の女王陛下に挨拶するウィロゥなのでした。

PageTop

新婚生活

QUKRIA_SS_0306.jpeg

11日。同級生のアントン君とアントワーヌちゃんの結婚式がありました。
とても幸せそうな二人。
一方、ウィロゥにもノエルさんから嬉しいニュースが。

QUKRIA_SS_0307.jpeg

予定日は来年の5日です。
そういえば、結婚前はいつも友人や家族とおしゃべりしたり、夜は酒場に行ったりしていた活発なノエルさんでしたが、式を挙げてからはすっかり落ち着いて、毎日仕事や訓練を頑張っています。
嬉しいけれど、少し心配なウィロゥ。

willow.jpeg ノエルさん、無理してない? 遊びに行く時は遠慮しないでね。僕、束縛するつもりは全然……。

noel2.jpeg 大丈夫、別に無理してるわけじゃないわ。ただ、お母さんになるんだし、あたしもしっかりしなきゃって思っただけ。

willow.jpeg ならいいけど……。

noel2.jpeg ウィロゥこそ無理しちゃってー。あたしが、男友達と遊びに行ったりしたらやきもちやくくせに。

willow.jpeg そ、それはっ!

noel2.jpeg  ふふふ。

QUKRIA_SS_0309.jpeg

並んで釣りをしながらいちゃいちゃ。
ステファニーさんとリアナさんに、「!!(いやだ、何あのバカップル)」という目でみられても、若い二人は平気です。

QUKRIA_SS_0310.jpeg

むしろ見せつける勢いです。

PageTop

幸せな恋人たち

ウィロゥとノエルさんの結婚式の前日は、収穫祭。
実はノエルさんは前年、劇のヒロインに選出されていました。

QUKRIA_SS_0252.jpeg

一足早く、リアナ姫の純白の衣裳に身を包んだノエルさんに見惚れるウィロゥ。

QUKRIA_SS_0284.jpeg

ちなみに、勇者ダロス役はアントニオ君だったりします。

QUKRIA_SS_0285.jpeg

willow.jpeg 相手役がアントニオ君なら安心っていうか……。ま、まあ、まったく気にならないわけじゃないけどさ。

熱演する二人に、少し複雑なウィロゥでしたが……
劇が終わるやいなや、「お~い」と、ノエルさんが客席のウィロゥのもとに駆け寄って来ました。

QUKRIA_SS_0286.jpeg

noel2.jpeg えへへ、ちょっと緊張したけど、ウィロゥが見ててくれたから頑張れたわ!

willow.jpeg ………っ。(あまりの可愛さに声にならない)

antonio.jpeg ひどいバカップルを見た。

9日。いよいよ結婚式です。
両親が祝福してくれます。

QUKRIA_SS_0287.jpeg

QUKRIA_SS_0289.jpeg

母親にはちょっと甘えてみるウィロゥ。

QUKRIA_SS_0295.jpeg

ボブさんはノエルさんのお父さん、ローリーさんはノエルさんのお母さん。
エリア―ヌちゃんとエルザちゃんはノエルさんの妹たちです。
ちなみに新郎側席にいるシェイラちゃんは、ウィロゥのいとこ。
ウィロゥとノエルさん、お互いたくさんの家族・親戚に見守られた温かい式でした。
学生時代以来の友人のアントニオ君やセルヒオ君、アントン君も式に駆けつけてくれました。

QUKRIA_SS_0290.jpeg

そんな友に、例のドヤ顔で自慢するウィロゥ。
アントン君も数日後結婚式です。

QUKRIA_SS_0298.jpeg

QUKRIA_SS_0302.jpeg

先に結婚した二人は、結婚生活を満喫している様子。

QUKRIA_SS_0301.jpeg

新居はカルナ区の4になりました。
早速、母から譲り受けたミラぐるみを設置します。
ウィロゥとノエルさん、新しい生活が始まります。

QUKRIA_SS_0297.jpeg

まだまだ、夫婦というより恋人気分の抜けない二人です。


PageTop

弟エルムの恋

ベス女王の即位で新たな歴史を刻んだククリア王国。

QUKRIA_SS_0271.jpeg

手始めに子どもたちの挨拶が一新したようです(長年「オース!」だった)。
非常に可愛いです。

そういえば、成人したばかりのエルムは同級生のモリーさんのことが好きだった様子。
何度かアタックしては振られていましたが、ついにOKを貰っていました。

QUKRIA_SS_0281.jpeg

弟の恋路が心配でモリーさんに話しかけるウィロゥでしたが……

QUKRIA_SS_0282.jpeg

既に本命の恋人がいらっしゃる!

QUKRIA_SS_0283.jpeg

エルムのライバルは、同じく同級生のマルティン君。
工芸家の次男で、資質もばっちり。
モリーさんとは両想いです。


willow.jpeg これはエルムが分が悪いなあ……。

兄弟揃って最初から横恋慕とは、血は争えないと思うウィロゥなのでした。

PageTop

151年、新女王即位

色々なことがあった150年も暮れ、新たな女王の誕生する151年が幕を開けました。

QUKRIA_SS_0264.jpeg


今年は、ウィロゥの弟のエルムが成人する年でもあります。

QUKRIA_SS_0263.jpeg

ああ、お父さんそっくりに育って……。

ウィロゥとノエルさんの式は今年の9日に決まりました。
続いて、アントン君とアントワーヌちゃんの同級生カップルも11日に式を挙げることに。
アントン君はアスター神官になっていましたが、無事引き継ぎが出来たようです。
この二人はなんだかんだ言って、最初から最後までお互いの名前を恋人欄に入れていたほのぼのカップルです。

QUKRIA_SS_0266.jpeg

その後、アントニオ君もベス王太女へのプロポーズを成功させた模様。
式は王族の婚礼の日として定められている4日。なんと、この日に戴冠式も行われるとのことです。

antonio.jpeg ははっ、俺の方が早く結婚することになったな!

willow.jpeg 5日だけじゃん! しかも、プロポーズ自体成功させたのは僕の方が先だよ!? 王族汚いよー!

そして来る4日。

QUKRIA_SS_0268.jpeg

成人してから、よくお父さんが話しかけてくれるようになりました。

戴冠式の前に、アントニオ君と王太女の結婚式があります。

QUKRIA_SS_0272.jpeg

アントニオ君は4才の時お父さんを亡くしています。
女手一つで育てて来たアントニオ君の、しかも未来の女王陛下との結婚。
アリアドナさんは感慨深いことでしょう。
……それはいいのですが、王太女の衣裳が平服ってどういうことでしょうか。
戴冠式のごたごたで、婚礼衣裳が間に合わなかったとか。いや、アントニオ君の衣裳はある。
各国の大使が来ているのに、王太女は恥をかいたのではないかと心配なウィロゥなのでした。

QUKRIA_SS_0275.jpeg

ともあれ、その後の戴冠式で、夫のアントニオ君に見守られながら、ベス新女王が誕生しました。

QUKRIA_SS_0277.jpeg

同日、また何気なく参加した料理大会で優勝するウィロゥ。
二年連続酒場の店主です。
料理上手なお嫁さんを貰うのが夢だったウィロゥですが、どうやら自分に料理の才能があるみたいです。


PageTop

プロポーズ2

ウィロゥが選んだ場所は、アントニオ君と同じ遺跡の滝でした。

willow.jpeg ノエルさん、僕、学生の時から、ずっと好きな人がいたんだ。

noel2.jpeg 「イスカの乙女のお姉さん」。知ってるよ、ウィロゥ分かりやすいもん。それで、ちょっと付き合って貰えたからって舞い上がっちゃってさ。……全然相手にされてなかったのに、馬鹿みたい。

willow.jpeg だね。でも、やっぱり僕にとって彼女は憧れの人で……。だから、こんな風にいつまでもこだわってる僕は、貴女には相応しくないと思った。

noel2.jpeg そんなの!! それでもあたしは……!

ウィロゥは、ノエルさんの言葉を遮るように言いました。

willow.jpeg だけど、友達に言われて気づいたんだ。もし、これから先、あなたが他の誰かを好きになって、その誰かもあなたのことを好きだったとしても、僕はきっとあなたのことを諦められない。お幸せに、なんて絶対思えない。

noel2.jpeg え……?

willow.jpeg この気持ちは、アティカさんの時とは違う。他の誰かじゃ嫌なんだ。僕がノエルさんを幸せにしたい。

ウィロゥは、ノエルさんに指輪の入った箱を差し出しました。

QUKRIA_SS_0258.jpeg

QUKRIA_SS_0221.jpeg


PageTop

プロポーズ1

自分の中にあったアティカさんへの未練に気づき、なんとなくノエルさんと顔を合わせづらかったウィロゥ。
でもノエルさんは、そんなウィロゥを勇者の公園へデートに誘ってくれました。

willow.jpeg ダロスの早駆けを思い出すなあ。まだ新入生だったノエルさんが一等賞で。あの子すごいなあって思ったっけ……。

ウィロゥがそんなことをしみじみ考えていると、ノエルさんが何気ない口調でポツリと言いました。

QUKRIA_SS_0254.jpeg

遠回しな言い方でしたが、その言葉が意味することは一つでした。

willow.jpeg ごめん、もう少し考えさせて欲しい……。



この150年は、ククリア王国の歴史の変わり目でもありました。
女王アメジスト・シャピュイが崩御したのです。
夫であるイネス殿下が亡くなってすぐ、まるで後を追うような形でした。
ウィロゥも、二人がまるで庶民の夫婦のようにデートをしているのをよく見たことがありました。
本当に仲の良い御夫妻でした。

女王の跡を継ぐのは……そう、ウィロゥの親友、アントニオ君の恋人ベス王太女。
実際の戴冠式は来年なのですが、アメジスト殿下の崩御直後から、彼女は平服のまま女王として立ち振る舞う必要があるようです。
それまでは王太女とはいえ対等な関係にあったアントニオ君との関係も、少し変化しています。
アントニオ君が彼女に声を掛けるのにも一礼が必要になりました。

ある日、ウィロゥはデート中とは思えない深刻な顔をして、遺跡の滝に歩いていくアントニオ君と王太女の姿を見掛けました。
こっそり二人の後をついていくウィロゥ。
アントニオ君は、ベス王太女にプロポーズしていました。
でも、彼女の言葉は「もう少し待って欲しい」というものでした。

QUKRIA_SS_0253.jpeg

antonio.jpeg 冷やかしか? 感心しない趣味だな、ウィロゥ。


willow.jpeg ……。これから、飲みに行かない? 店のお酒の残り全部あけちゃって良いからさ。


QUKRIA_SS_0255.jpeg

antonio.jpeg だーかーらー、俺の方はちゃんと王族になる覚悟出来てんの! そりゃ俺は一人息子だけど、母さんには話しつけてあるし! それをあいつの方が今更うだうだ悩んでよぉ~!

willow.jpeg ぴゅい~! アントニオ君かっくいー!

antonio.jpeg っていうかウィロゥ、お前さあ~。女の方からプロポーズされといて、断ったとか。何それ失敗した俺に喧嘩売ってんのかこら~!

willow.jpeg そんなつもりじゃないよお~。たださあ、なんかふっきれたと思ってた元の彼女のことがまだ結構ショックで~、こんな僕がノエルさんと一緒になる資格ないかなあと思っぷぴゅー。

antonio.jpeg ばかやろおー! 男が昔の女忘れられないなんて当たり前だろおがー。そんなん気にすんなー!

willow.jpeg ……あの、向こうのテーブルにフェリーチェちゃん来てるよ。

antonio.jpeg ………。

すっかり酔いが醒めた二人なのでした。

antonio.jpeg と、とにかくだ。お前、彼女のこと好きなんだろ。

willow.jpeg もちろん! ただ、僕には勿体ないくらいの女の子で……。

antonio.jpeg そういう考え方が駄目なんだよ。それじゃなにか? これから、今の彼女の前にお前より「相応しい」男が現れたら、お前諦められるわけ?

willow.jpeg う……。無理。

じゃあ答えは出てるよな、とアントニオ君はウィロゥの肩を叩きました。

antonio.jpeg 俺も諦めないからな! どっちが早く結婚できるか競争だ競争!

willow.jpeg  うん! ……ありがとう、アントニオ君。


翌朝、二日酔いで痛む頭を押さえながら、ウィロゥは市場へ向かいました。
指輪を買うために。

PageTop

初めての大会試合と未練

まだ十分鍛えられてはいませんでしたが、腕試しのつもりで、ウィロゥは目標だった魔術師候補の選抜大会にエントリーすることにしました。
ノエルさんが応援してくれたり、

QUKRIA_SS_0247.jpeg

偶然会ったセルヒオ君にお守りを貰ったりしたおかげか、予想外にトーナメントを勝ち進んでいくウィロゥ。

QUKRIA_SS_0249.jpeg

そういえば、アントニオ君とフェリーチェちゃんの事情を知っている手前、なんとなく気まずくて、疎遠になっていたセルヒオ君でしたが、今年、無事フェリーチェちゃんと結婚したようです。
セルヒオ君とフェリーチェちゃん以外にも、今年は何組か式をあげたカップルがありました。
その中に、マリオさんとバーサさんがいました。

willow.jpeg アティカさん、大丈夫かな。泣いてないかな……。

一途にマリオさんを想い続けていたアティカさん。
結局、彼女の想いは受け入れられることなく、マリオさんは他の女性と結婚してしまったのでした。
別れたといえ、アティカさんは初恋の人。
ウィロゥは心配になってアティカさんを探しました。
ウィロゥが彼女を見つけた時、その恋人欄はまだマリオさんのままでした。
が。
ちょうど目の前を通りかかったマリオさんに近づき、アティカさんは衝撃的な言葉を言い放ったのでした。

atyika.jpeg 他に好きな人が出来たの。

アティカさんからマリオさん振ったあああ!?
「ひどいよ……」と呟くマリオさん。いやいや、あなたにその資格はない。
ウィロゥがもう一度アティカさんの恋人欄を見ると、そこにはハミルトンという別の男性の名前が輝いていました。
アティカさんの予想外の強かさにショックを受けるウィロゥ。
……そう。
ウィロゥは心のどこかで期待していたのです。
マリオさんに捨てられたアティカさんが、今度ばかりは自分に縋ってくるのではないかというムシのいい期待を。

ウィロゥの初恋は、ここでやっと完全に終わったのかもしれません。

willow.jpeg 最低だ、僕。自分から彼女を振っておいて未練がましく……。ノエルさんの気持ちも裏切って……。

自己嫌悪に陥るウィロゥ。


一方、選抜大会はついに決勝まで進みました。

QUKRIA_SS_0250.jpeg

ノエルさんが応援に来てくれています。ついでに、弟のエルムも。
後ろめたくて、ウィロゥはノエルさんと目を合わせられません。
そのせいもあってか、ウィロゥは決勝でマリアーノさんに敗れました。


QUKRIA_SS_0259.jpeg

後日、ウィロゥはアティカさんとハミルトンさんのデート場面に遭遇しました。

willow.jpeg アティカさん、お幸せに……。

PageTop

トラウマを越えて

初デートも成功し、ウィロゥとノエルさんは相思相愛の仲になりました。
学生時代も含めて辛く長い片思いを経たウィロゥにとっては、夢のようです。

QUKRIA_SS_0243.jpeg

ノエルさんは、訓練に励むウィロゥの元へ早速デートの誘いに来てくれます。

翌日はノエルさんの誕生日でもありました。
大切な誕生日デートの場所の選択は……

>学校の裏
 花畑

花畑デートには恐ろしいトラウマがあり、反射的に学校の裏を選択するウィロゥ。

QUKRIA_SS_0244.jpeg

不評でした。
良く考えたら、卒業して一年経つウィロゥと違い、ノエルさんはつい最近まで学生だったのです。
間の悪いことにちょうど遊びに来ている子どももいました。
ガキ子ども大将として名を馳せていた上、優等生だったノエルさんとしては、最悪のデート場所だったことでしょう。
自分のデリカシーのなさに気づき、落ち込むウィロゥ。
帰ろうとすると、後ろからノエルさんが追い掛けてきました。

noel2.jpeg 待って! 別に怒ったわけじゃないの! ただ、ちょうど下級生の子がいたから恥ずかしかったのよ。

willow.jpeg ……ごめんね、せっかくの誕生日なのに。

noel2.jpeg だから、えっと、ほら、今ここなら授業中で誰もいないから……

QUKRIA_SS_0245.jpeg

落として上げるノエルさん!! アフターケアを忘れません。
……可愛過ぎる。
これでウィロゥはノエルさんに完全に落ちました。

noel2.jpeg 次のデートは、お花畑に行きたいわ。

willow.jpeg うん、わかった。

ノエルさんとなら、ウィロゥもトラウマを乗り越えられそうです。


PageTop

果たされぬ約束、果たされた約束

そうえいば、末の弟パームも一歳を迎えました。
ウィロゥと同じく母親似ですが、このくせ毛と色の白さは父親似と見えます。

QUKRIA_SS_0235.jpeg

パームもベッドから起き出して、にぎやかになった我が家で迎えた150年1日。
ウィロゥは、成人式を終えたばかりのノエルちゃんに声を掛けられるのでした。

QUKRIA_SS_0237.jpeg

すっかり大人びた様子のノエルちゃん、しかもその口から飛び出した誘いの言葉にウィロゥは驚きました。
ノエルちゃんの顔は真剣でした。

willow.jpeg ごめんなさい……。

ウィロゥには断ることしか出来ません。

noel2.jpeg ……嬉しいって言ったくせに。

willow.jpeg え?

noel2.jpeg ウィロゥの嘘つき! もう知らない!

ノエルちゃんは、酷く傷ついた顔をして走って行ってしまいました。
約束……。
去年の彼女の誕生日に交わした、たわいのない「結婚」の約束。
ウィロゥはそれを、人気者の彼女の自分への単なる励ましだと思っていました。

willow.jpeg でも、それをずっと覚えてて……。

ウィロゥは、ノエルちゃんのことを元気な妹のように思ったことはあれ、異性として意識したことはありませんでした。
atyika.jpeg←好みのタイプ(※年上のおしとやかなお姉さん)とあまりに違いすぎたからかもしれません。
それでも、気がつくとウィロゥはノエルちゃんの後を追っていました。

willow.jpeg 待って、ノエルちゃん! いいよ、僕なんかで良かったら。

noel2.jpeg !!

willow.jpeg ……今度、二人で遊びに行こう?

とりあえず、そうは言ったものの。
実のところ、まだウィロゥはノエルちゃんの自分への気持ちがそれほど真剣なものだとは思っていませんでした。
そのうち、仲の良かった同級生の男の子の誰かと付き合い始めて、すぐに煮え切らない自分のことなど忘れてしまうに違いない。
そんな風に考えながら、特にノエルちゃんのことを気にするでもなく、訓練に打ち込んだり、ふらりと出た料理大会で優勝してみたりして日々を過ごすウィロゥ。

QUKRIA_SS_0238.jpeg

でも、ノエルちゃんは毎日欠かさずウィロゥに会いに来てくれました。
まるでウィロゥを困らせまいとするように、デートの誘いを掛けたり、ウィロゥの気持ちを問いただしたりするようなことはせず、ただ笑顔で挨拶するだけ。

QUKRIA_SS_0240.jpeg

いつしか、ウィロゥは自分の元へ手を振りながら走って来るノエルちゃんの姿を待ち望むようになっていました。

アティカさんとの関係に、決着をつける時が来ました。
「他に好きな人が出来た」と話したウィロゥに、初恋の女性アティカさんはおだやかに微笑みました。

QUKRIA_SS_0241.jpeg

アティカさんと一緒になりたいと思った気持ちは本物でした。
でも、ウィロゥはアティカさんと交わした将来の約束を、最後まで信じきることができませんでした。

willow.jpeg ノエルちゃん……、いや、ノエルさん。

noel2.jpeg えっ?

willow.jpeg 二人で遊びに行く約束、ずっと先延ばしにしててごめん。明日の朝、二人で遊びに行かない?

ノエルさんは、ウィロゥに頷いてくれました。

PageTop

星祭りの日の決意

今日は成人して初めての星祭の日。
この日は劇の主役を決める投票が行われます。
今年、ダロス役を争うのは、奇しくもウィロゥの恋敵マリオさんと親友アントニオ君。
平静を装いながら、ウィロゥが劇場に来たマリオさんに話しかけると……。

QUKRIA_SS_0232.jpeg

そこにアティカさんの名前はなく、さらに前話した時と恋人が変わっています。
前恋人欄に名前のあったキャンディス・ティエリさんは未だマリオさんのことを恋人だと思っているのに……。

willow.jpeg アティカさんばかりかキャンディスさんまで弄ぶとは。許すまじ!

QUKRIA_SS_0233.jpeg

怒りにうち震えながらアントニオ君に投票したのですが、大差でマリオさんがダロス役に選出されました。
なお、アントニオ君の新しい恋人ペス王太女がリアナ姫役に。
つまり、マリオさんとペス王太女、アントニオ君とバーサさん、それぞれ現実の相手を入れ替えたカップル役に決まってしまったというわけです。
そういう意味でも、アントニオ君がダロス役をやったほうがしっくりしたのになあ……。

劇の配役はともあれ、それぞれのカップルはお互い両想いで、とても上手くいっている様子です。

willow.jpeg マリオさんが、もしアティカさんを幸せにしてくれるなら、僕は喜んで身を引くのにな。

でも、マリオさんが選んだのはバーサさんでした。上手くいかないものです。

willow.jpeg アティカさんに幸せになって欲しい。でも、僕がアティカさんを幸せにすることは可能なんだろうか…。

ウィロゥには分からなくなってしまいました。
毎日のようにアティカさんをデートに誘いに行っていたウィロゥでしたが、その日以来、アティカさんと少し距離を置くことに決めました。
何も考えずに済むよう、ひたすら身体を動かし、訓練に打ち込む日々が続きました。
目指すは、来年の魔術師候補の選抜大会の出場です。

成人して迎える初めての一年が終わろうとしていました。
アティカさんがウィロゥに会いに来てくれることは一度もないままでした。

PageTop

皆の恋模様

ウィロゥと将来を誓い合った後も、アティカさんは相変わらず常にマリオさんの姿を探しています。
声を掛けるのも、デートの誘いをかけるのも、ウィロゥの方ばかり。
イスカの乙女の後継者選びをする様子もありません。

QUKRIA_SS_0230.jpeg

そんな折、ウィロゥの祖母のジャスティナさんが亡くなってしまいました。
ジャスティナさんは、晩年魔術師に選ばれていて、住居が遠く、交流は少なめでしたが、それでもウィロゥにとって強くて憧れの祖母でした。
ウィロゥの心は沈むばかり。
また、驚くことに、祖母の葬儀で神官を務めていたのはアントン君でした。

QUKRIA_SS_0227.jpeg

シズニの神官を任されることになったようです。
優しくてしっかりもののアントン君には適任だと思うのですが、アントワーヌちゃんとの恋の障害にならないかと心配になるウィロゥなのでした。

アントニオ君の恋にも進展が。
ある日、フェリーチェちゃんの恋人欄がアントニオ君に変わっていました。
フェリーチェちゃんにセルヒオ君との二股をかけられていたアントニオ君。
ついに彼女を振り向かせることに成功したようです。

QUKRIA_SS_0225.jpeg

……と、思ったら、アントニオ君の恋人欄も変わってるー!?
しかも、ベス・シャピュイさんは女王陛下の長女で王太女です。

willow.jpeg ど、どうして!? せっかく両想いになったのに!

antonio.jpeg ……なんかさ、結局意地だったんだよな。

willow.jpeg え……?

antonio.jpeg あいつがセルヒオの方を本命にしてるの知って腹立って、躍起になったけどさ。いざ、あいつがこっちを選んだら、なんか違うんじゃないかって思って。

アントニオ君は、小さく首を振りました。

antonio.jpeg やっぱり、そんな俺なんかより、セルヒオの方がフェ―リチェのこと真剣に想ってると思うから。

willow.jpeg ……。

antonio.jpeg ベスは、最初から俺だけ見てくれてるし、俺も今は彼女だけが大事なんだ。……ウィロゥ、お前もさ、一番にお前のこと想ってくれる奴を探した方がいいぜ。

アントニオ君はそう言って行ってしまいました。

willow.jpeg アティカさんが一番好きなのは、マリオさん。僕じゃない。

それは、ウィロゥも分かっています。

willow.jpeg これから先、もしアティカさんが僕に振り向いてくれるようになったとして、僕もアントニオ君のように感じてしまうんだろうか。

それから数日後、セルヒオ君とフェリーチェちゃんが婚約していました。
一度はアントニオ君に揺れ、再びセルヒオ君の方へ戻ったフェリーチェちゃん。
それを優しく受け入れたセルヒオ君の男としての度量の大きさを、ウィロゥは羨ましく思うのでした。


PageTop

二つの約束

willow.jpeg 結局、僕はアティカさんにもて遊ばれているだけなのかな……。

悶々と悩むウィロゥでしたが、やはりずっと憧れだったアティカさんへの想いを捨て切ることが出来ません。
自分の事を好きだと言うアティカさんを信じて、ウィロゥはアティカさんとのデートを重ねていました。

いつものように、ウィロゥがハールの庭園でアティカさんを待っていた時のことです。
一人の女の子が、同じく誰かと待ち合わせ中でした。

noel1.jpeg あれっ!? ウィロゥ?

willow.jpeg ノエルちゃん! 久しぶり~!

それは、ウィロゥの一つ下の学年だったノエルちゃんでした。
ウィロゥの友人はほとんどが同級生だったのですが、ノエルちゃんとは学年の垣根を越えて仲良しだったようです。

noel1.jpeg 成人してから全然学校に顔見せないよねー。

willow.jpeg ごめんごめん、色々忙しくて。今日は、男の子とデートかい?

noel1.jpeg そうよ! あたし、モテるんだから!

確かに、ノエルちゃんはウィロゥの在学中から人気者でした。
スポーツ万能、成績優秀で、昨年のダロスの早駆けでは一等賞、今年は生徒代表も務めているようです。

noel1.jpeg ウィロゥもデートなの?

willow.jpeg うん……。

noel1.jpeg ふーん、ヘンなの。デートなのに全然嬉しそうじゃないのね。

willow.jpeg えっ!? そ、そんなことないよ! それよりノエルちゃん、そういえば今日、誕生日じゃなかった? おめでとう!

ノエルちゃんの言葉に動揺したことを誤魔化すように、ウィロゥは取ってつけたお祝いの言葉を述べました。
正直、アティカさんのことで色々ありすぎて、ノエルちゃんの誕生日のことは今のいままですっかり忘れていたのですが。

noel1.jpeg ありがと。あーあ、早く大人になりたいな。

willow.jpeg どうして?

QUKRIA_SS_0221.jpeg

ノエルちゃんの言葉に、絶句するウィロゥ。

noel1.jpeg ちょっと! このあたしが結婚してあげるって言ってるのよ、なんとか言ったら!?

willow.jpeg あ、えっと。ありがとう。……嬉しいよ。

noel1.jpeg それならあたしが大人になるまで待ってなさいよ、約束なんだから!

それだけを言い残すと、待ち合わせ相手の男の子が来たらしく、ノエルちゃんは走って行きました。

willow.jpeg ノエルちゃん、僕のこと好きだったとか? ……まさかねー。

人気者のノエルちゃんのこと、学校で仲の良い男の子はウィロゥ以外にもたくさんいました。
今のは、「デートの待ち合わせ中なのに全然嬉しそうじゃない」ウィロゥを喜ばせるために言ってくれた言葉なのでしょう。


やがて、やって来たアティカさんは温泉に行きたいと言いました。
その大胆な場所の選択にドキドキするウィロゥ。

willow.jpeg うわあ、みみみ見えそう! 僕たち、キスもまだなのに……。


そんなウィロゥの心を知ってか知らずか、アティカさんはウィロゥに微笑みかけました。

QUKRIA_SS_0226.jpeg

そして、アティカさんは、イスカの乙女の役目を引退することを約束してくれました。
それが本当なら、ウィロゥにとってこんなに嬉しいことはありません。

willow.jpeg ……信じてるよ、アティカさん。

アティカさんの恋人欄は、まだマリオさんのままです。

PageTop

愛憎こもごも

ウィロゥの同級生たちにもカップルが誕生し始めました。
アントン君はアントワーヌちゃんと。

QUKRIA_SS_0209.jpeg

アントニオ君はフェリーチェちゃんと。

QUKRIA_SS_0210.jpeg

……って、フェリーチェちゃんの本命セルヒオ君だった!
しかも相変わらずウィロゥも誘ってくるフェリーチェちゃん。

QUKRIA_SS_0211.jpeg

アントワーヌちゃんの本命はちゃんとアントン君だけど、ウィロゥを誘いに来ます。

QUKRIA_SS_0217.jpeg

男四人、女二人の学年だから仕方ないのかもしれませんが、同級生の恋愛模様がなかなかドロドロしてきました。
一方、ウィロゥも他人のことは言えません。
ウィロゥはアティカさんのことを恋人だと思っていますが、アティカさんが好きなのはあくまでマリオさんのようです。

QUKRIA_SS_0208.jpeg

アティカさんが話しかけに行くのはマリオさんの所ばかり。そばでウィロゥが見ていても、お構いなしです。
デートの約束も、いつもウィロゥの方から。
アティカさんがウィロゥに話しかけてくれたことは一度もありませんでした。

QUKRIA_SS_0203.jpeg

それでも、ウィロゥはアティカさんの言葉を信じていました。
そして、いつか彼女を一途に想う自分の気持ちが伝わって、アティカさんが自分だけを見てくれることを期待していました。

そんなある日。
アティカさんのリクエストで、ウィロゥはアティカさんと花畑にデートに出掛けました。

willow.jpegは、花なんかより、アティカさんの方がずっときれいだよ!

atyika.jpegもう、花もちゃんと見て♪


なんていちゃいちゃした直後……。

QUKRIA_SS_0219.jpeg

花畑横の屋敷に走り出すアティカさん。
そう、マリオさんはここ花畑のお屋敷の住人なのでした。
呆然と見守るウィロゥの前で明日のデートの約束を取り付ける二人。

willow.jpeg ひ、ひどいよ……。花畑に行きたいって言ったのはこういうことだったの!?


QUKRIA_SS_0223.jpeg

彼女に二股かけられている同士、より一層仲良くなるウィロゥとアントニオ君なのでした。

PageTop

アティカさん2

めげずにアティカさんにアタックを続けるウィロゥ。
そしてついにアティカさんからOKの言葉が!

QUKRIA_SS_0198.jpeg

初恋が叶ったとウィロゥは大はしゃぎ。

QUKRIA_SS_0205.jpeg

早速ドヤ顔でアントニオ君に自慢してウザがられました。

QUKRIA_SS_0202.jpeg

初デートも成功して、ウィロゥは幸せ一杯!
しかし、この時ウィロゥはアティカさんの恋人欄が相変わらず他の男の名前のままだということに気づいていなかったのでした……。

PageTop

アティカさん

ウィロゥの初恋の人、それは……

QUKRIA_SS_0196.jpeg

イスカの乙女のアティカさんでした。
ウィロゥが学校に入学した時からずっとイスカの乙女を務めているアティカさん。
学校行事で会うたびに、ウィロゥはこの優しいお姉さんに恋をしていったのでした。
成人を迎えたら、アティカさんをデートに誘うとウィロゥは心に決めていたのです。
でも、アティカさんには既にマリオ・コレットという恋人がいます。
去年成人した彼はウィロゥの一つ上の先輩です。

QUKRIA_SS_0200.jpeg

マリオさんは他に本命の恋人がいるようですが……。
アティカさんに誘いを断られ、へこむウィロゥ。
料理上手な彼女欲しいね、とアントン君と男同士の会話。

QUKRIA_SS_0199.jpeg

willow.jpegアティカさんだったら、料理うまそうだし、理想の奥さんになるだろうなあ……。

こんな時も、ウィロゥの頭の中はアティカさんで一杯です。

PageTop

同級生たち

ウィロゥは無事に成人式を終えました。

QUKRIA_SS_0191.jpeg

同時に成人した同級生は五人です。
まずアントニオ君。
早くにお父さんを亡くして、母子家庭の苦労人です。

QUKRIA_SS_0192.jpeg

アントン君。
生徒代表を務めた優等生で、気の優しいしっかり者。

QUKRIA_SS_0193.jpeg

セルヒオ君。
クールな印象ですが、面倒見のいいところも。

QUKRIA_SS_0194.jpeg

アントワーヌちゃん。
明るいムードメーカー。

QUKRIA_SS_0195.jpeg

フェリーチェちゃん。
「照れ屋さん」だけど、結構大胆なところもある女の子。

QUKRIA_SS_0204.jpeg

成人直後から、アントワーヌちゃんとフェリーチェちゃんに怒涛のモーションをかけられるウィロゥ。
丁重にお断りします。
なぜなら、ウィロゥには初恋の人がいたからです。

PageTop

引き継ぎ

149年、この年は、長男のウィロゥが成人、三男のリンデンが入学です。
朝、ウィロゥがロータスに改まった様子で声を掛けてきます。

QUKRIA_SS_0187.jpeg

ウィロゥはママっ子です。

QUKRIA_SS_0188.jpeg

あら、お父さんも頑張っているわよ。
確かに、ウィロゥが生まれたばかりの頃のダドリーさんは仕事にも家族にも無関心のように見えて、ロータスはとても困らせられましたし、少し寂しい思いもしました。
でも、家族が増えるごとに、お互いの気持ちも通じて、随分夫婦らしく、家族らしくなれました。
ロータスの今の幸せがあるのは、間違いなくダドリーさんのおかげなのです。

QUKRIA_SS_0189.jpeg

幸福そうな母親の笑顔を見て、ウィロゥは頷いたのでした。



リンデンと迷ったのですが、この会話でウィロゥを二代目PCに決めました。


PageTop

ジゼルちゃん2

若い頃はダドリーさんを挟んでギクシャクしてしまったこともあったけど、今となってはロータスの一番大切な友人であるジゼルちゃん。
一緒に飲みに行ったり、遊びに行ったりして、お互いの夫や、実は共通の友人だったオスカルさんとの思い出を語り合っています。
そんなジゼルちゃんが親衛隊候補選抜トーナメントに出場!
武術にはほとんど興味のなかったロータスでしたが、連日応援に駆けつけました。
ジゼルちゃんは接戦を制して決勝に進み……

QUKRIA_SS_0181.jpeg

ついに優勝!
きゃーかっこいい!!
試合終了後、早速ロータスに駆け寄って来るジゼルちゃん。

QUKRIA_SS_0182.jpeg

うんうん、お祝いに二人でぱあーっと遊ぼう。

QUKRIA_SS_0183.jpeg

その日のうちに、祝賀会も。
こういう時こそ、ロータスがオゴろうと決めてたのに、ジゼルちゃんが優勝賞金で出してくれちゃいました。

QUKRIA_SS_0186.jpeg

決勝の数日後、候補の決定を見届けたようにして、親衛隊の一人が亡くなり、ジゼルちゃんはその年のうちに親衛隊に入りました。
赤い衣装が素敵な、ロータスの自慢の親友です。


PageTop

時は流れ

148年、14歳の誕生日を迎えたロータス。

QUKRIA_SS_0166.jpeg

年をとったなあ……。髪も一つにまとめました。
ちなみに、ダドリーさんも。

QUKRIA_SS_0180.jpeg

老けた!
生え際がややピンチです。

QUKRIA_SS_0184.jpeg

そしてこの年生まれた第四子も男の子でした。
パームと命名。
性格はダドリーさん似っぽいです。

PageTop

酒場の店主

クレイグ家は、育ち盛りの男の子三人。毎日毎日よく食べること食べること。
おかげでロータスの料理の腕はめきめき上達し、料理大会で優勝するほどに。

QUKRIA_SS_0162.jpeg

故郷ナルル王国のお酒、グリューワインを置いてみました。
この機会に、少しずつナルル料理を広めてみようと思うロータス。

QUKRIA_SS_0164.jpeg

ちなみにダドリーさんは全く飲みに来ません。多分誘う友達いないから……。
でもよくロータスの様子を見に来てくれます。

QUKRIA_SS_0165.jpeg

ふふふ(謎笑)。

PageTop

二つの別れ

ダドリーさんの変化には理由がありました。
父親のティムさんの死です。

QUKRIA_SS_0136.jpeg

昨年成人した義妹のレティーシャちゃんは、三日後にクラスメイトだった男の子と結婚式挙げる予定でした。
レティーシャちゃんも、花嫁姿を見せたかっただろうな……。

QUKRIA_SS_0139.jpeg

長男として、立派に喪主をつとめたダドリーさんの姿はしっかりしていて、以前とどこか違っていました。

そして、この年、もうひとつの別れがありました。
オスカルさんが亡くなったのです。

QUKRIA_SS_0145.jpeg

オスカルさんはロータスの初めての友人。
移住したてのロータスに一番世話をやいてくれた人でした。
多分、オスカルさんはロータスの初恋の人でした。今となっては随分遠い昔の話のようです。

QUKRIA_SS_0146.jpeg

オスカルさんには家族がいないので、喪主はどうなるのかと思いましたが、遠縁らしい(?)娘さんがつとめていました。
オスカルさんの魂が、キャリーさんの魂と再会出来ることを願うばかりです。

PageTop

子はかすがい2

ジゼルちゃんといい、オスカルさんといい、ロータスの親友がことごとく子どももいないまま伴侶に先立たれてしまいました……。

一方、ロータスは第二子、第三子に恵まれました。
第二子は、ウィロゥについで、またも男の子。エルムと名付けました。
ダドリーさんそっくりです。
男の子が二人になって、家の中は大分にぎやかに。

QUKRIA_SS_0123.jpeg

三人目の子も生まれることだし……。
ロータスは、農業代表の仕事でたまったお金で、思い切って広い家に引っ越しすることにしました。
ラナンの橋近くの邸宅です。家で釣りができてしまうことが魅力です。
第三子のリンデンも男の子でした。
三人目ということで、余裕もあってミルクを大量にあげたせいかぽっちゃり気味。

QUKRIA_SS_0159.jpeg

食いしん坊です。
三人ともそれぞれ個性が違って可愛い。

QUKRIA_SS_0167.jpeg

そして、引っ越しをしたあたりから、ダドリーさんが家庭サービスに目覚め始めました。

QUKRIA_SS_0154.jpeg

夜は学校に上がったウィロゥを迎えに行き、家の飾り付けも庭木の手入れも欠かしません。
結婚前のように、頻繁にロータスに話掛けてくれるようになりました。
ロータスのお腹には四人目の子どももいます。
ここにきて訪れた家庭円満。
そんなダドリーさんの変化について、ロータスには思い当る節がありました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。